リノベーション事例一覧005 | 福津市、宗像市、古賀市、福岡市東区周辺の不動産をお探しなら海岸通り不動産にお任せ下さい。

福津市の土地と中古住宅。買主様専門の不動産仲介店は海岸通り不動産

営業時間9:30~18:00(時間外の電話も転送しています) 定休日水曜日午後

リノベーション事例一覧005

当社はリノベーションが得意な不動産屋です
一つのつながりの中で、包まれるような暮らし (2)
包まれるような暮らし

建物:リノベーションcase48

眺望の良さと、もともと広かったLDKを活かすため、一つのつながりの中で、優しい明るさを感じることができる空間を目指しました。床に使われる材料と壁に使われる材料を統一し、部屋全体が包み込まれるような”あたたかさ”を。部屋の両側の壁には、壁をくりぬいたかのような間接照明を作り、入り口から窓に向けてひとつの繋がりが感じるように設計しています。玄関から部屋まで、連続性にこだわった落ち着きのある住まいです。

変わった間取りの物件こそ (5)
変わった間取りの物件こそ

建物:リノベーションcase34

かつて住んでいた人は、どう使っていたんだろう。そう思うような変わった間取りを、どういかしていくか。0から新しいものをつくるのではなく、もともとの間取りに手を加え、一部屋一部屋にそれまでとは違う役割を与えます。この物件は、センターリビングという、リビングの四方に部屋が散らばった珍しい間取り。各部屋の繋がりは保ちつつも空間全体を統一感のある雰囲気。閉塞感の原因となっていた既存の梁(はり)を生かして空間にメリハリをつけました。暮らしの中心となる住む人に寄り添う暮らしづくりをコンセプトに設計していきました。

働く大人のための家 (6)
働く大人のための家

建物:リノベーションcase54

単身住まいでもSOHOでも使えるように。この物件は、そんな使われ方を狙って設計したものです。もともと2DKだった部屋を1LDKに変更。広いLDKには、壁一面に収納を。無骨なステンレスキッチンの向かいにはカウンター。働く大人の、シンプルで、丁寧な暮らしが叶うお部屋です。

新しくても、ヴィンテージ (4)
新しくても、ヴィンテージ

建物:リノベーションcase38

ヴィンテージ感のある雰囲気を醸し出すために、全体的に落ち着いた色味を用いました。
斜めに立てられた間仕切りの壁は、LDKを広く見せるための仕掛けになっています。
LDKとベッドの間の間仕切りを上までふさがずに開けることで、光、風通し、広く見えるように設計しました。

 
「素」をいかす、リノベの醍醐味です (2)
「素」をいかす

建物:リノベーションcase23

リノベの醍醐味の一つは、「もともとの素材、年月の重みをどのようにいかしていくか」ではないでしょうか。古いから、と全て作り変えるのではなく、他の住まいにはない特徴としていかす。コストを抑えながらもできることを追求していく。正方形で高さが特徴的な窓や、船底天井と言われる三角の天井。空間のアクセントになる重要な素材になります。素材をいかした落ち着きのある住まいができました。

 
部屋の数は、いくつ? (5)
部屋の数は、いくつ?

建物:リノベーションcase30

一つの部屋を視覚的にいくつも分けているようなLDK。縦横にブラックのライティングレールが伸び、ただ壁で仕切るのではなく、ガラスブロックから光を取り入れられる空間が一つ。キッチンは、入り口の視線を集中させ、ドアを設けずとも仕切る。風合いのある木材をふんだんに用いながらも洗練された室内に仕上がりました。

自分だけの空間、がある暮らし (3)
自分だけの空間、がある暮らし

建物:リノベーションcase37

趣味や仕事のための書斎的空間。誰もが欲しがる自分だけの空間だけれど、部屋をまるまる一つ使うわけにはいかない。でも、部屋の中にもう一つの空間を作り上げれば叶うかもしれません。かすれた風合いのブルーグレーの木材が空間を仕切り、小窓で光を取り入れる。キッチンの白いタイルや、隣接した青いタイルのカウンター。
ラフだけれど散らばりすぎない、”これぞリノべ”の空間に仕上がりました。

横濱 COOL JAPAN (7)
横濱 COOL JAPAN

建物:リノベーションcase31

床は無垢材オーク使用。 
天井に飾り格子。 
リビングに木目出しのパネリング。 
洗面台はモルタルカウンター。 
備長炭珪藻土使用

 

海岸通り不動産は

リノベ不動産ネットワーク加盟店です

リノベ不動産ロゴmix