日記一覧 | 福津市、宗像市、古賀市、福岡市東区周辺の不動産をお探しなら海岸通り不動産にお任せ下さい。

福津市の土地と中古住宅。買主様専門の不動産仲介店は海岸通り不動産

営業時間9:30~18:00(時間外の電話も転送しています) 定休日水曜日午後

見学レポート

REPORT

『 気持ちいがいい、抜け感のある家 』

久しぶりにゾワゾワしてしまったお家です。分かりにくい表現ですね。

つまり素敵なお家に興奮しているということです。

家中のどこにいても、気持ちがいいんです。適度な抜け感というか、落ち着くというか・・・。

静かにリラックスをするもよし、子供たちと楽しく遊ぶこともよし。

家族がどんな場面でも幸福を感じられるような、そんな素敵な家です。

あなたの個性と前の持ち主の思いがつながって、パワーアップしていく。

先祖から伝わるパワーを引き継いでいく。

そんな住まいが日本人の遺伝子にすり込まれた家ってことじゃないでしょうか。

 

ピカピカの新品も大好きな日本人ですが、つなぐ住まい方ってのも中古ならではの魅力です。

田舎のおばあちゃんの家が大好きだった私だけかなぁ?

どの家に行っても同じような、建売住宅や分譲マンションやローコスト住宅が主流の現在です。

もちろん高品質を低コストで提供できる業者には感謝します。

でも、この家のように建てた方のこだわりがギュッと詰まった家が大好きです。

 

実は売主さんは新築時の住宅メーカーとのやり取りで、「自分のこだわり」を理解してもらうのに相当に苦労されました。

「いわゆる一般の家を建てるつもりのメーカー」と「こだわるユーザー」との温度差ですね。

玄関右側の住居部分は新築時のメーカが建てました。

無垢の床とか、吹き抜けの玄関とか、木の風合いと広がり感があって、明るい陽射しを家中に取り入れています。

家事がしやすく、家族の団らんがいっぱいの住まいです。

平野邸076 300x225.jpg

適当に可愛らしいので、男性でも大丈夫です

↓クリックで大きな間取りが開きます

平野邸1階800x336.jpg

 

平野邸055 300x225.jpg

極太の丸太デッキ 太すぎる? (^^)

平野邸019 300x225.jpg

東南の空き地がラッキーな空間を広げてくれました

平野邸030 225x300.jpg

プチ店舗内 住宅街の秘密のエステって設定です

 

そして玄関左側が、奥様がプチ店舗として建てた増築建物です。売主さんのこだわり爆発状態!

このこだわりを理解した大工さんに脱帽です。いい仕事をしてくれました。

ログハウス風ですが、たまに見かける街中ではちょっと浮いてしまう残念な本格ログハウスではなく、室内リラックスに徹底的にこだわった感じです。現代和風のテイストも取り入れてあって、木のパワーに包まれたリラックス空間を堪能しました。

庭に出ると、武田鉄〇さんの家を建てた職人が、遊びで作ってしまった極太ウッドデッキ。

なんでこんなに太い丸太のまま使用したのだろうかと理由をつい聞きたくなってしまうぐらいです。

でもこのウッドデッキが明るい陽射しの庭に絶妙にフィットします。庭木も年月を経って良い大きさに成長しました。

新築の家の庭が貧弱なのは、樹木の大きさのためですね。

自然の持つパワーが人を癒すのには、それなりの年月が掛かるってことでしょう。


カウンターの下にはミニ手洗いがあります 

平野邸062 300x225.jpg

ふたを開けるとバーベキューができる特注テーブル

平野邸010 300x225.jpg

リビングの和室。こだわりの欄間が分かります?

平野邸028 225x300.jpg

この抜け感が、落ち着くのですよ

平野邸039 225x300.jpg

店舗入り口は生活玄関とは別になっています


投稿日:2018/08/10   投稿者:-

あぁぁぁっ、欲しい!この土地欲しい。 しかも、嬉しい400万円の値下げです。

極上の海眺望という言葉は、この土地のために取っておきました。

海の見える福津市星ヶ丘でも、これだけの海眺望がゲットできる空き地は滅多にお目にかかれません。

冬だというのに空は青空、遠くのヤフードームや糸島半島の山並みまで遮るモノは一切ありません。

今日ご案内した北九州市から来ていただいた若いご夫婦も この景色には絶句&一目惚れ。

 

山地なので、どうしても造成工事が必要ですが、全面道路には電気・上水道・下水道が来ていますので、ライフラインは心配無用。

造成工事を上手に安くできるように、これからたくさん考えてみることにします。

欠点は、上り坂。

この眺望を得るためには、当然に山のふもとからずっと上り坂です。自転車で上るのはキツイなぁ。

老後は体力勝負です。

この土地を買うならば、90歳になっても車が運転できるように「長生き健康宣言」 してください。

私も毎日運動続けていますよ。 (^_^)

R0014854 350X262.jpg 

見事な絶景。街中でこれほどの海眺望。どうだ~って感じ!

R0014855 300x225.jpg

裏は山です。崩れることはなさそうですね 

クジラロゴ yoko べた 300x67.jpg

投稿日:2018/08/10   投稿者:-

宗像の隠れ趣き家

宗像市ひかりが丘7丁目 4LDK

建物123.79㎡ 土地237.00㎡ 1992年11月築


今日は、趣味人暮らし風のやや年配の方に似合いそうな家です。

気負うことなく普段着でありながら趣味が感じられる、歳を経ていくことで自然に出てくる粋って感じです。

こういった物件に出会えるのが中古の面白さ。バリバリの和ではなくて、スッと和なたたずまいが趣味人を感じさせるのか。

門をくぐると桜が出迎え、玄関を開けると先には大きな窓が客人を出迎える。住む家でありながら、客を迎えるといった趣向が素敵です。

この家はパッパッと建てた若い世代の家ではありません。

設備や窓などはその時代のモノなので見劣りはしますが、建てた人の想いが家に風格を持たせたといった印象。


P7020036 300x143.jpg
P7020054 320x127.jpg

リビングは大きな窓と出窓。そのどちらからも庭が楽しめます。

道路が広く周囲の家が適度に離れていて、遠い山の緑が室内からも感じられます。

二階から降りる階段でさえ、ひとつの空間としてこの家にあるべき姿で存在しているよう。

二階寝室のシャワー室をどうやって利用しようかと思案するのも中古ならではご愛嬌。

屋根裏収納と2つのクローゼットもあって、大満足の収納力です。

ao5hjtぎy67.png
↑クリックで大きな間取り図が開きます 


キッチンとお風呂はまだ現役で使えてもったいないところですが、これから使い続けることを考えると、ここは一気に新調してしまいましょう。

床下収納はスライドして倍の量が入るビックリの仕掛け。現地でお確かめください。

リビングには壁付け収納。テレビをここに置くと32インチまでかな。食卓テレビって使い方ですね。

 

P7020045 320x81.jpg
遠い景色が楽しめるバルコニーにはしっかり屋根が大きくかかり、洗濯物が雨でも安心。

朝に微妙な天気であっても干しっぱなしで外出できるのは共働きにはありがたい。


P7020013 320x81.jpg
あまり普段から住んでいた家ではなかった様子です。

生活による建物の傷みも少なく、車が2台であることが大丈夫ならば、この価格で検討してみても間違いない物件でしょう。

クジラロゴ yoko べた 300x67.jpg

投稿日:2018/08/06   投稿者:小川みさこ

岸通り不動産では、お馴染みの福津市星ヶ丘です。

福岡県北部の古賀市・福津市・宗像市のなかで、「真っ赤に夕陽の沈む海眺望」が期待できる貴重な場所は星ヶ丘です。

古賀市と福津市に住んで、部屋から海を眺めることができるのは、マンション高層階の住民のみが得られる特典。

さすが星ヶ丘です。遠景にはなりますが期待通りの眺望でした。

PC020183 330x196.jpg

築40年と古めで、使える状態の建物ではありますが、中古戸建として購入してこれから30年住んでみようと決断するかは悩むところです。

「解体しましょう」とも、「このまま使ってみましょう」とも、どちらが賢者であるか難しい選択の物件です。

PC020196 300x225.jpg

 

こういった物件は「賃貸の代わりに住んでみる」という姿勢で考えるのが良い手です。

「古くてそれなりだけど、絶品夕焼けの我が家」になります。

「ママ、夕焼けお空が真っ赤だね」 幸せな家族の会話が楽しめそうです。

 

偶然にも、以前に住んでいた方は借家として入居していました。

オーナーは次の入居募集に備えて、きれいに壁クロスや襖や畳は化粧直し済み。

明日からすぐに住める状態という特典付です。

PC020194 298x426.jpg

キッチンやお風呂もあえて昭和のままで、リフォームはせずに住みましょう。

使えるものは大事に使うエコ生活。

PC020190 300x422.jpg

 

住宅ローンは家賃と言い換えてみましょう。

家賃を払いながら「土地は自分に残る」というのがアパートとの違いです。

3歳の男の子がいる三人家族が、1000万円を15年借りると毎月59,849円の支払い。

15年後にローンは返済終了です。

土地を500万円で売却すれば「家賃を払いながら15年で500万円を何もせずに貯蓄した」と同じ。

15年後に息子さんの大学入学金としてお使いください。

お金に詳しくて、たくさんのマネーシミュレーションがすぐにできる不動産屋を頼りになるバイヤーズエージェントと呼びます。

 

昭和の家は一般に短命です。材料と建て方がそうであった時代とも言えますが、

生活スタイルが変化するために「住まいに期待すること」が変わってしまいました。

例えば車1台しか停められない家と2台駐車可能な家。平成の今、どちらが購入される家でしょうか。

昭和から平成に。次はもっと社会変化の大きな時代がやってきそうです。

庶民は生活防衛のために「15年ごとに住み替える住宅戦略が有利」かもです。

 

A5AFA5B 300x67.jpg

投稿日:2018/06/27   投稿者:小川みさこ

最近でこそ、下火にはなってきた様子ですが、「ちょっとした住宅バブル」が福津市ではまだ続いています。

JR福間駅の再開発で、福間南小学校はパンク状態。

そんな福津バブルの中で、バブルとは無縁の落ち着いた田園地区の物件を見学です。


小学校は上西郷小。生徒は地元オンリーの子供たちと言ってもいいでしょう。

地元民とは言っても、博多ベットタウンの福津市ですから、

祖父母からの地元っ子もいれば、親が住宅を購入して引越してからの福津生まれっ子もいるわけです。

街っ子メインの1クラス35人の福間南小学校と比較すれば、上西郷小は良くも悪くも元気印いっぱいです。

地域の輪もしっかりと残るエリアです。

ここまで話すと福津市に馴染みの無い方には「ただの田舎ですね」

と言われてしまいそうですが、実はそうでもない。


上西郷小は生徒数120人。つまり1学年に生徒は20人だけ。

授業は先生の目が届くマンツーマン体制なわけです。

義務教育なのに私立校家庭教師的となれば、生徒の学力は期待できます。

基礎学習の小学校で落ちこぼれると、後からキツイっすよ。


福津バブルの起爆剤イオンモールには車で5分。JR福間駅には車なら10分程度。

駅までの直通バスも朝7時~夜8時までしっかりと通っています。

高校生になれば、駅まで自転車で可能な距離です。

さすがに田園の夜道は、末娘が女子高生になると親として若干心配ですので、

過保護な私は「バスで帰って来なさいよ」となりそうです。(笑)

 

ようやく物件の話しに入ります。平成2年に建てられた家にしては間取りが現代的。

 

中原邸間取り図  最新版.jpg

↑クリックで大きな間取り図が開きます 

 

一階はLDKとして使える2部屋と6帖和室。合わせれば、しっかり使える23帖の空間です。

二階は3部屋。4人家族にちょうど使い勝手の良い間取り構成ですね。

さすがにキッチン・風呂・トイレ・洗面台の4点セットは、その時代物であることはしかたがないです。

一気にリフォームしたい時期ですが、リフォーム費用を考えてもお手ごろ感が出ている物件です。

広すぎない庭も手入れが楽ちん。


住んでいるのは女性と犬2匹。

とても丁寧に住んでくれていますから、まだまだ現役の快適に住める建物です。


P9050125 300x225.jpg

P9050103 300x225.jpg


この物件の目玉ポイントは、「田園エリアの割には小中学校が近い」こと。

小学校は10分、中学校は15分程度。小学校前には園児20名程度のコンパクトな幼稚園もあります。

教育施設が近いって、子育てママには大助かりですよね。

朝7時には家を出て登校するなんてエリアだったら、早起が苦手な我が家族には、無~理~な相談です。


この物件は、子育て世代には 意外な穴場的な掘り出しモノ とも言えるのです。

そこで提案です。「子供たちの成長に応じて住み替えていく」住宅戦略はいかが?


どうせ駅前に住んでいても、普段は車生活になるのが福津市スタイル。

駅前に住んでバタバタ生活するよりも、ゆるっとプチ田舎暮らしで「のびのび子育て」。

幼子を抱える家計は、習い事やらでお金に余裕が少ないよね。

だったら高校卒業までの「子育て期間オンリーの住まい」って考え方はありかも。

高校卒業の時期に住み替えましょう。


無茶な資金計画で新築にして、家計的にピリピリした子育て時代よりも、

中古リノベーションで好きなことをしながら余裕の子育てプランが合理的って気もする。

その間に教育資金を確保。

この家を売却してセカンド人生の資金をゲットすれば、草食系ハッピー住宅戦略の完成です。


新築住宅の肉食系もいいけど、中古住宅で草食系もありなのです。

それそれの家族に合わせた住宅戦略を応援しています。


クジラロゴ yoko べた 300x67.jpg

 

投稿日:2018/05/09   投稿者:小川みさこ