代表者挨拶 | 福津市、宗像市、古賀市周辺の不動産をお探しなら海岸通り不動産にお任せ下さい。

福津市の土地と中古住宅。買主様専門の不動産仲介店は海岸通り不動産

営業時間9:30~18:00(時間外の電話も転送しています)定休日水曜日午後

代表者挨拶

MESSAGE
社長プロマイド

こんにちは。海岸通り不動産 代表の山川建です。
こうして、あなたにお会いできたことを心より感謝しています。

私は東京都杉並区生まれ。幼稚園のころから引越しを繰り返し、ずっと都心郊外のベットタウンで育ちました。東京生まれ東京育ちの私は、当たり前に都会で就職し、サラリーマンとして通勤ラッシュに参加する猛烈な日々を過ごしながら、気がつくと独身男は30歳を過ぎていました。

 

サラリーマンの多くが経験する仕事のマンネリと行き詰まり、そして将来の不安…。そんな私にあるとき転機が訪れます。

何気なく訪れた転職フェアで偶然にお会いしたある企業人に誘われて、なんとそのまま彼の栃木県の会社に転職してしまったのです。

 

生まれ育った都会を離れて栃木県の会社にお世話になり、冬はちょっと寒い北関東での新生活が始まりました。

東京では経験のない水道管が凍るほど寒い初めての冬を経験して一年間が過ぎ、町や会社の人たちにも慣れて楽しく暮らせるようになってきた頃に、突然に私はあることに気がついたのです。


都会で育った私と違って、なんだかこの会社の人たちはゆっくりと穏やかに生活をしているように見える…。栃木県の同僚を目の当たりにして、私はようやく気づいたのです。

 

そうか、この方法があったのか!

田舎暮らしだったら、私はもっともっと幸せになることができるのじゃないだろうか!

そして、できる事なら大好きな海を眺める田舎暮らしがしてみたい!

 

田舎暮らしの夢は大きく膨らみ、強い想いがスタートしてから6年後にようやく退職。

とうとう福岡県に引越し、海辺の田舎暮らしは実行されたのです。

現在、私の住む町の名は津屋崎(福岡県福津市津屋崎)。

福岡県北部の海岸に沿って走る国道495号線沿いに位置する港町の津屋崎に2003年に移住してから、愛する家族4人で私は毎日楽しく幸せに過ごしています。

 

津屋崎は福岡市と北九州市のちょうど真ん中にあります。

カブトガニが生息する干潟があり、ウミガメが産卵に訪れる美しい白い砂浜が延々と続く小さな漁港のある田舎町です。

 

福岡市まで車で45分ほどで行けるにもかかわらず、水平線に沈む美しい夕陽が眺められるリゾート地のように素適な美しい町です。

昭和の時代には海水浴客で大いに賑わった津屋崎だったのですが、その騒がしさも過去の話。今はまるで静かにボサノバ音楽が町を包んでいるような、心地よいスローな時間が流れています。

 

津屋崎は豊かな自然がまだまだ残っている海辺の田舎町にもかかわらず、実は通勤・通学やショッピングにも大変に便利な町です。

福岡市でショッピングをしてからプロ野球観戦やシャレてミュージカルを観るなんてことも簡単にできる。そんな都会の楽しみが簡単に実現できるプチ田舎が津屋崎です。

 


都会の便利さ楽しさ と 田舎町の豊かな自然と穏やかな時間 がベストミックスの町。

歴史と昔からの風俗が残る昭和の懐かしいレトロ感が味わえる町。

穏やかな時間の中で、“のびのびと子育て” のできる町。

産直野菜が安く買え、新鮮な美味しい魚が食べられる町。

満足できる広さの家が持て、家賃や駐車場などの住居費が都会よりも安くすむ町。


どうです、ゆったりと子育てを楽しむ環境としては素晴らしい町だとは思いませんか。

 

こんな津屋崎を、たくさんの子育て家族に知って欲しい。子供たちに愛する故郷の想い出をたくさん残してあげたい。

そして、同じような子育て感覚を共有できる、あなたと一緒に暮らしてみたい。

 

そんな思いで実際に津屋崎に住んでいる私が、福岡県に移住して愛したこの町を、あなたに紹介する不動産屋をはじめました。

海岸通り不動産
山川 建